思い出の 正山小学校  宇和川中学校
 
 半世紀が過ぎても、友と学び、遊んだ学校は、思い出の中で輝いています。
 今はない母校の記憶をたどりながら、イラストにしてみました。

正山(しょうざん)小学校
正山小学校
 昭和 30 年代はじめ( 1955 年頃)の愛媛県の肱川町です。
 「団塊の世代」が小学生だった頃の校舎です。 
 全国的な過疎化の進んだ現在では信じられませんが、在校生は 250 名を数えていました。
 思いやりのある先生と、やさしい仲間に囲まれ、いじめなどとは無縁の学校生活でした。
 昭和 60 年頃に訪れた時には、やはり木造ですが新校舎になっていました。
 その後、一時生徒増の時期に建て替えられましたが、生徒数の減少は止まらず、平成 26 年
  3 月( 2014 年 3 月)に閉校しました。

校歌アイコン フリーソフト「Studio ftn Score Editor」と「歌声合成ツール UTAU」で作成しました

 宇和川(うわがわ)中学校
宇和川中学校前面
 肱川のそばに建つモダンな外観の校舎でした。
 辺鄙な田舎に輝くようなモダンな校舎は、当時の大人の教育にかける熱意を感じます。
 私が通った頃の在校生は 180 名ほどだったと思います。
 朝礼で並んだら生徒でいっぱいになる狭い校庭でしたが、みんな工夫して遊んでいました。
 私の学んだ教室は、生徒数の増加に合わせて建てられた教室でした。
 私が 3 年生になる昭和 35 年( 1960 年)に統合され、廃校になりました。 
 閉校後は、地元の企業に活用されていましたが、 2020 年頃に解体されました。
 今も残る立派な石垣が当時を偲ばせています。

 ※2020年頃まで「GoogleEarth」で廃墟化した校舎を見ることができました。
 
私達が学んだ教室
B組の教室

私たちの学んだ教室です。
昭和 22 年生まれの生徒だけは生徒数が爆増し、廃校を控えながらも、 2 年間だけのために用意して
もらった教室でした。
敷地が高さ 4 メートルほどの石垣に囲まれていたこともあって、半分下のグラウンド(ドッジボールが
できる程度の広さ)にせり出すように建てられていたのを思い出します。
肱川が増水すると教室の下は濁流が流れていました。
クラス名は「B組」でしたが、他の年代は 1クラスのみでした。

 

 裏の県道から
宇和川中学校裏側
 校舎をぐるっと囲むように走る愛媛県道 32 号線。
 私が徒歩で通った思い出の道です。
 登校時最初に目に入るのはこの光景で、特に思い出に残っています。
  2 階の右が音楽室で、教室に置かれたベートーベンの胸像を思い出します。
 先生か生徒なのか、下校時に練習をするピアノの旋律がよく聞こえてきました。
 今も耳に残っているのは、 ♪春のうら〜ら〜の隅田川♪  と歌う「花」の演奏です。

花アイコン MIDI ファイルです  この旋律がよく流れていました。
ホームへ